2011/12公開映画と見たいもの

2012/12に公開される映画の一覧と、
個人的に見たいかどうかのマーキング。

2011/12公開予定映画の情報はallcinemaさんとCinemaTopicsさんをを参考にしました。

allcinemaの12月公開映画情報
CinemaTopicsの12月公開映画情報

**

私が個人的に見たいかどうかであって映画の出来を評価するものではなく、
他の方への推奨ではありません。

●:既に観た

◎:ぜひ見たい

○:見たい

△:見てもよい

×:見ない

***

【2011/12/01 公開作品】

●(1)「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」
   監督:スティーヴン・スピルバーグ
   出演:ジェイミー・ベル、アンディ・サーキス、ダニエル・クレイグ
   寸評:スティーヴン・スピルバーグ+ピーター・ジャクソンによる冒険活劇。
      3DフルCGアニメ。ベルギーのコミック「タンタンの冒険」の映画化。
      アニメだが、声優がアクションも担当している。
   11/21、試写会で鑑賞(ただし、2D)
  

○(2)「50/50 フィフティ・フィフティ」
   監督:ジョナサン・レヴィン
   出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、セス・ローガン
   寸評:突然がんを宣告された若者。生存率50%に動揺。
      そんな中親友は。実話ベース

【2011/12/03 公開作品】
×(3)「映画 けいおん!」
   監督:山田尚子
   声の出演:豊崎愛生、日笠陽子
   寸評:人気コミック、TVシリーズの映画化、女子高軽音楽部が舞台だそうですが、
      原作もTVシリーズも全く知りません。

○(4)「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」
   監督:蔵方政俊
   出演:三浦友和、余貴美子
   寸評:旦那の定年を機に介護の仕事を再開したいという妻との行き違い。
      ありがちなテーマですが。

◎(5)「ピザボーイ 史上最凶のご注文」
   監督:ルーベン・フライシャー
   出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アジズ・アンサリ
   寸評:ピザ配達に行ったら、爆弾を巻かれて銀行強盗を強いられる
      コメディです。公開を期待してました。

×(6)「クリスマスのその夜に」
   監督:ベント・ハーメル
   出演:トロンド・ファウサ・アウルヴォーグ、レイダル・ソーレンセン
   寸評:クリスマスの夜、いろんな思いを持った人々の群像劇
      基本的にこういう系の映画は見ないので。

×(7)「ロスト・ハーモニー/Lost Harmony」
   監督:土岐善將
   出演:広瀬アリス、吉谷彩子、高岡充希
   寸評:合唱部の合宿は昔事件のあった湖畔のコテージ。
      広瀬アリスさんは人気モデルだそうですね。

×(8)「ヘヴンズ ストーリー」
   監督:瀬々敬久
   寸評:殺人と憎しみの渦巻く、全9章、4時間38分のドラマ。
      長すぎ。

×(9)「Miss Boys! 決戦は甲子園!?編」
   監督:佐藤佐吉
   出演:鎌苅健太、鈴木勝吾

×(10)「ソラからジェシカ」
   監督:佐向大
   出演:陣内智則、島田洋八
   寸評:沖縄国際映画祭出展作品、よしもと配給

×(11)「とんねるらんでぶー」
   監督:池田千尋
   出演:吉永淳、美保純、トータルテンボス
   寸評:沖縄国際映画祭出展作品、よしもと配給

×(12)「謝謝OSAKA」
   監督:山田勇太
   出演:木南晴夏、今くるよ、なだぎ武
   寸評:沖縄国際映画祭出展作品、よしもと配給

×(13)「ホルモン女」
   監督:遠藤光貴
   出演:山下リオ、河本準一
   寸評:沖縄国際映画祭出展作品、よしもと配給

×(14)「一粒の種~真太陽の島の大合唱~ 」
   監督:青木亮
   出演:砂川恵理歌、高橋尚子
   寸評:沖縄国際映画祭出展作品、よしもと配給

×(15)「 終わらない青 」
   監督:緒方貴臣
   出演:水井真希、小野孝弘
   寸評:沖縄国際映画祭準グランプリ。図らずも妊娠した女子高生は。

×(16)「-X- Minus by Minus 」
   監督:伊月肇
   出演:澤田俊輔、寿美菜子

【2011/12/09 公開作品】

●(17)「リアル・スティール」
   監督:ショーン・レヴィ
   出演:ヒュー・ジャックマン、エヴァンジェリン・リリー、ダコタ・ゴヨ
   寸評:元ボクサーのロボット・トレーナー。元妻の死で息子を預かることに。
      ラストがやや物足りない。11/14、試写会で鑑賞。

△(18)「ポール・マッカートニー/THE LOVE WE MAKE
    ~9.11 からコンサート・フォー・ニューヨーク・シティへの軌跡」
   監督:アルバート・メイズルス
   出演:ポール・マッカートニー
   寸評:9.11事件の後、NYで行ったポールのコンサートの裏側ドキュメンタリー。

【2011/12/10 公開作品】

○(19)「源氏物語 千年の謎」
   監督:鶴橋康夫
   出演:生田斗真、中谷美紀
   寸評:源氏物語と紫式部の物語が同時進行
      予告はかなり興味を惹かれますが。

×(20)「仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX」
   監督:坂本浩一
   出演:福士蒼汰、渡部秀
   寸評:見ない系の映画なので、詳しく調べてません。

×(21)「トーキョードリフター」
   監督:松江哲明
   出演:前野健太
   寸評:東京国際映画祭出展作品。震災後の街をさまようストリート・ミュージシャン。

△(22)「瞳は静かに」
   監督:ダニエル・ブスタマンテ
   出演:ノルマ・アレアンドロ、コンラッド・バレンスエラ
   寸評:軍事政権下のアルゼンチン。母を亡くした少年が見たものは。
      暗い感じの映画みたいです。

×(23)「エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン」
   監督:ゲレオン・ヴェツェル
   寸評:スペインに実在した(今は閉店)3つ星レストランの裏側に迫るドキュメンタリー。
      テーマが興味ないですね。

△(24)「UGLY」
   監督:柿本ケンサク、半野喜弘
   出演:窪塚洋介、桃生亜希子
   寸評:パリに住んでいるはずの兄は自殺していた。

△(25)「マイティ・ウクレレ」
   監督:トニー・コールマン
   出演:ジェイク・シマブクロ、ビル・タピア
   寸評:ウクレレの魅力満載映画

○(26)「スウィッチ」
   監督:フレデリック・シェンデルフェール
   出演:カリーヌ・ヴァナッス、エリック・カントナ
   寸評:アパート交換で休暇を過ごすはずが、朝見つけたのは首のない死体。
      犯人は自分だった、ではないことを祈ります。

△(27)「惑星戦記ナイデ二オン」
   監督:ジャック・モイク
   出演:ジャック・モイク、アネット・シュミーデル
   寸評:SWに魅せられたアマチュア模型フリークが作った映画がついに公開。

【2011/12/16 公開作品】

◎(28)「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」
   監督:ブラッド・バード
   出演:トム・クルーズ、ジェレミー・レナー、サイモン・ペグ、ポーラ・パットン
   寸評:クレムリンが爆破され、イーサン・ハントに疑い。犯人を追いドバイタワーに。
      爆破で飛ばされるシーンは見た感じが。

【2011/12/17 公開作品】

○(29)「サラの鍵」
   監督:ジル・パケ=ブランネール
   出演:クリスティン・スコット・トーマス、メリュジーヌ・マヤンス
   寸評:収容所から逃げ出したサラを取材するジュリアが見つけた悲しい事実。
      弟は死んじゃってたんでしょうか。

○(30)「friends もののけ島のナキ」
   監督:山崎貴
   声の出演:香取慎吾、山寺宏一、YOU、加藤清史郎
   寸評:もののけの島に迷い込んだ赤ん坊コタケを育てる赤鬼と青鬼は。
      意外とこういう映画も見るんです。

×(31)「風にそよぐ草」
   監督:アラン・レネ
   出演:サビーヌ・アゼマ、アンドレ・デュソリエ
   寸評:財布を拾ったことから知り合った男女の行き違いから起こる感情のもつれ。
      如何にもフランス映画っぽい展開で。

×(32)「CUT」
   監督:アミール・ナデリ
   出演:西島秀俊、常盤貴子
   寸評:自分の映画のために借金をして殺された兄に負い目を感じ、殴られ屋を始めるが。
      暴力礼賛映画ではなさそうですが、暴力系の映画はあまり見ません。

△(33)「灼熱の魂」
   監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
   出演:ルブナ・アザバル、メリッサ・デゾルモー=プーラン
   寸評:意固地だった母の遺した手紙はまだ見ぬ父と兄宛だった

△(34)「王様ゲーム」
   監督:鶴田法男
   出演:熊井友理奈、鈴木愛理
   寸評:突然届いた「王様」からの命令メール。内容は徐々にエスカレートし、ついに。
      多分見ないと思う

×(35)「私だけのハッピー・エンディング」
   監督:ニコール・カッセル
   出演:ケイト・ハドソン、ガエル・ガルシア・ベルナル<
   寸評:30歳独身。出会った人は自分に末期がんを告げたドクターだった。
展開が読めてしまいそうですし。

○(36)「無言歌」
   監督:ワン・ビン
   出演:ルウ・イェリャン・レンジュン
   寸評:中国ではいまだに上映禁止。
       毛沢東の闇の歴史、反右派闘争の犠牲になって収容所送りとなった人たちは。

○(37)「ブリューゲルの動く絵」
   監督:レフ・マイェフスキ
   出演:ルトガー・ハウアー、シャーロット・ランプリング、マイケル・ヨーク
   寸評:1枚の絵に多くの物語を詰め込んだブリューゲル。その絵画の世界を動画に。

×(38)「ミツコ感覚」
   監督:山内ケンジ
   出演:初音映莉子、石橋けい
   寸評:不倫する姉、男に付きまとわれる妹。
      設定がよく理解できない

◎(39)「ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-」
   監督:ウィリアム・モナハン
   出演:コリン・ファレル、キーラ・ナイトレイ
   寸評:刑期を終え女優のボディガードをするミッチェルを
      再びギャングの世界に引きずり込もうとするボスに対抗するには。

△(40)「アイム・ヒア」
   監督:スパイク・ジョーンズ
   出演:アンドリュー・ガーフィールド、シエンナ・ギロリー
   寸評:ロボットを主人公に人間の姿を描く。
      ちょっと異色の映画です。

×(41)「みんなのしらないセンダック」
   監督:スパイク・ジョーンズ
   出演:モーリス・センダック、スパイク・ジョーンズ
   寸評:「かいじゅうたちのいるところ」を撮ったスパイク・ジョーンズが撮る
      原作者モーリス・センダックのドキュメンタリー。

×(42)「オジー降臨」
   監督:マイク・フライス
   出演:オジー・オズボーン、ポール・マッカートニー、トミー・リー
   寸評:ヘビメタの鬼才、オジー・オズボーンのドキュメンタリー。息子が監督。

×(43)「子どもたちの夏 チェルノブイリと福島」
   監督:田野隆太郎
   寸評:ドキュメンタリー。

△(44)「カルテット」
   監督:三村順一
   出演:高杉真宙、細川茂樹、鶴田真由、剛力彩芽
   寸評:浦安舞台の家族愛、シネマイクスピアリ先行上映。全国公開は2012/1/7
      なんとなく展開が読めそうで。

×(45)「極悪レミー」
   監督:グレッグ・オリバー、ウェス・オーショスキー
   出演:レミー・キルミスター
   寸評:世界最低のバンド、モーターヘッドのボーカル、レミーの半生を描くドキュメンタリー
      まったく知らない方です。

×(46)「映画版 ふたりエッチ セカンド・キッス」
   監督:横山一洋
   出演:森下悠里、岡田光
   寸評:人気コミック「ふたりエッチ」の映画化。

×(47)「 第4の革命-エネルギー・デモクラシー 」
   監督:カール・A・フェヒナー
   出演:ヘルマン・シェーア、ムハマド・ユヌス
   寸評:再生可能エネルギーの可能性を探るドキュメンタリー。

×(48)「劇場版 笑ってさよなら~四畳半下請工場の日々~ 」
   寸評:CBC(中部日本放送)が製作したリーマンショックのあおりで廃業した
      部品工場のドキュメンタリーを再編集して劇場版に。

【2011/12/21 公開作品】

◎(49)「ワイルド7」
   監督:羽住英一郎
   出演:瑛太、椎名桔平、宇梶剛士、要潤、本仮屋ユイカ
   寸評:元極悪人が警察の名を借り、凶悪犯を処刑するがその裏にうごめく陰謀とは。
      漫画は読んだ記憶もありますが、よく覚えてません。
12/5 に試写会で見ることになりましたので、○→◎に変更しました。

【2011/12/23 公開作品】

×(50)「永遠の僕たち」
   監督:ガス・ヴァン・サント
   出演:ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮
   寸評:ヘンリーはデニス・ホッパーの息子。不治の病の少女との恋。

×(51)「劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆 グリフォン」
   監督:宮尾佳和
   声の出演:寺崎裕香、大原崇
   寸評:私向けではないので。

◎(52)「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」
   監督:成島出
   出演:役所広司、玉木宏、柄本明、柳葉敏郎、阿部寛
   寸評:開戦に反対しながらも真珠湾攻撃を成功させた山本五十六。
      どういう風に描かれているのか、これは見ておきたいですね。

△(53)「運命の子」
   監督:チェン・カイコー
   出演:グォ・ヨウ、ワン・シュエチー
   寸評:春秋時代。政権争いの犠牲になった重臣の息子は、仇を知らずに育つが。
      面白そうっちゃ、面白そうなんですが。

×(54)「ニューイヤーズ・イブ」
   監督:ゲイリー・マーシャル
   出演:アシュトン・カッチャー、ジェシカ・ビール、ハル・ベリー
   寸評:NYの大みそか。新しい年を迎える人たちの群像劇。
      本当の新年のカウントダウンを背景に撮影したらしいです。

◎(55)「宇宙人ポール」
   監督:グレッグ・モットーラ
   出演:サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、セス・ローガン
   寸評:宇宙オタクの二人がエリア51の近くで遭遇したのは本物の宇宙人だった。
      邦題予想もピタリ。宇宙人がセス・ローガン(モーション・キャプチャー)

×(56)「ミラノ、愛に生きる」
   監督:ルカ・グァダニーノ
   出演:ティルダ・スウィントン、フラヴィオ・パレンティ
   寸評:ミラノの富豪に嫁ぐが、満たされない毎日に不倫するロシア人妻。

△(57)「ルルドの泉で」
   監督:ジェシカ・ハウスナー
   出演:シルヴィー・テステュー、レア・セドゥー
   寸評:長く車いす生活だった女性が奇跡を起こすというルルドに巡礼し。
      そのあとが肝心な展開のようで。

×(58)「日活 幕末太陽傳 デジタル修復版」
   監督:川島雄三
   出演:フランキー堺、左幸子、南田洋子、石原裕次郎、岡田真澄、小沢正一
   寸評:一時代を築いた1957年の名作がデジタル・リマスターでよみがえる。

×(59)「八月のラヴソング」
   監督:大谷健太郎
   出演:酒井美紀、パク・ジョンミン
   寸評:レコード会社のOLの目の前にスランプに陥ったKPOPスターが現れ、逃避行に。
      いくらなんでもあり得ない

×(60)「私たちの時代」
   寸評:昨年末にフジテレビ系列で放送され反響を呼んだ長編ドキュメンタリー
      「私たちの時代」がついに劇場公開。

×(61)「FLY!~平凡なキセキ~」
   監督:近藤真広
   出演:小藪千豊、相武紗季、温水洋一、本仮屋ユイカ
   寸評:沖縄国際映画祭出展作品、よしもと配給

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • ひろちゃん

    こんばんは☆彡

    ピザボーイ、宇宙人ポール、ミッション~の◎は、嬉しいですね。私も鑑賞したいと思っていますので(^_-)-☆

    今月1番観たいリアル~は、もう鑑賞されたんですね^^
    私も鑑賞したら、お邪魔しま~す♪
    2011年12月02日 00:14

この記事へのトラックバック

  • ★12月公開の気になる映画★
  • Excerpt: クリックよろしくお願いします もう12月 今年も、残り1か月となりました・・・ いつもいつも言っていますが、本当に、毎日が、毎月が、毎年が 早く過ぎて行きます(^_^;) 師走と言うことで、忙しい..
  • Weblog: Cinema Collection 2
  • Tracked: 2011-12-02 00:25