試写会招待メール「さらば愛しきアウトロー」

6/10受信、返信(試写会行くか行かないか)期限6/12 もちろん行くと返信しましたが、今回は一人だけの当選。 同伴者なし。 開催日は6/21、見てきましたので事後報告です。 配給会社のロングライドからの直接のご招待でした。

続きを読む

試写会招待状「長いお別れ」

5/15、よみうりホールでの開催。 山崎努、竹内結子、蒼井優、松原智恵子らが登壇の予定。 良い席をとるには早めに行かないといけないかもしれません。

続きを読む

試写会招待状「僕に、会いたかった」

今年6本目の当選。 4/22、渋谷ユーロライブでの開催。 宛先シールの右下に「MW」とあるので、Movie Walker さんからのプレゼント。 ちなみに同日同開催場所での試写会は、ほかにシネマNAVIさんの プレゼントにも応募してました。 なお今年はここまで231本の試写会応募に対し、6本の当選、225本の落選。 当選確率は2.6%。過去の実績から言うと上出来です。 **** 映画の感想はgooのブログに掲載。 試写会「僕に、会いたかった」@渋谷ユーロライブ

続きを読む

試写会招待状「ピア まちをつなぐもの」

3/19 虎ノ門のニッショーホールでの開催。 どうやら、MovieWalkerさんからのプレゼントのようだ。 「どうやら」と言うのは、この試写会には同じ日、同じ会場のプレゼントに3件応募。 他の2件は、映画生活さんとanemoさんで、過去はいずれもご招待のはがきには、 映画生活さんは(ぴあ)、anemoさんはたしかanemoのハンコが押されていたから。 実は今までMovieWalkerさんからのはがきには何も書いてなく、同様の消去法で 懸賞元を判断していた。 今回手書きで四角に「MW」と書かれているので、MovieWalkerの意味だと解釈できる。 今後、運よくもう一回当たることができて同じように「MW」と書かれてあれば、確証が持てる。 別の試写会にも応募しているのでもう一回当たりませんかね。 ** 追記 映画の感想はgooブログで書いています。 gooブログがトラックバック機能を止めてしまったので、リンクを記述しておきます。 舞台あいさつなどの模様 映画 完成披露試写会 本編以外「ピア まちをつなぐもの」 映画の感想 映画、完成披露試写会「ピア まちをつなぐもの」

続きを読む

試写会招待状「えいがのおそ松さん」

3/2 神保町の一ツ橋ホールでの開催。 メトロアドエージェンシーからのご招待です。 今年4本目の試写会当選。 *** 映画の感想はgooブログで書いています。 gooブログがトラックバック機能を削除してしまったので、記事のリンクを貼っておきます。 映画、試写会「えいがのおそ松さん」@一ツ橋ホール 2019/3/2

続きを読む

試写会招待状「九月の恋と出会うまで」@2019/1/30、イイノホール

この種の映画はタイトルだけでちょっと敬遠してしまう。 しかし、今回は「イイノホール」での開催なので応募し当選しました。 イイノホール、元々は霞ヶ関駅の真ん前、飯野海運の飯野ビルにあったホールで 何度か試写会で行ったこともあるが、2007年10月にビル自体が建て替えとなり閉館。 その後2011/11に新しいホールとして開館したが、一度も行っていない。 元は694席、現在は500席だが、ホール自体の広さが変わったのか、 席がゆったりしたのかなどはわからない。 既に前回行ったとき(2007/9/10)から10年以上経過しており、 以前はどうだったか、例えば椅子はゆったりしていたか、フロアの傾斜はどうだったか、 前席は気にならなかったか、等々は全く覚えていない。 映画の感想は別ブログ 完成披露試写会「九月の恋と出会うまで」@イイノホール 2019/1/30  で。

続きを読む

2018年試写会応募/当選総括

2018年には試写会開催日ベースで、166本の映画の試写会に 合わせて502回応募しました。 内ネット応募が497回で当選は5本。 当選率はほぼ1%。 はがき応募が5回で当選2本。 当選率は40%と高率ですが、母数が少なすぎで、数値的には扱いづらい。 ちなみに過去の当選率を見てみると、2014年から2017年は次の通り。 2017年 ネット: 1.6% (5/308) 葉書: 応募ナシ 2016年 ネット: 1.8% (3/164) 葉書: 応募ナシ 2015年 ネット: 0.7% (1/136) 葉書: 応募ナシ 2014年 ネット: 1.7% (3/174) 葉書: 応募ナシ 実はこれ以前はものすごく応募していて、率は大差ない物の当選数はすごかった。 2013年 ネット: 1.1% (15/1308) 葉書: 応募ナシ 2012年 ネット: 1.4% (28/2002) 葉書: 13.2% (5/38) 2011年 ネット: 2.1% (38/1794) 葉書: 19.7% (15/76) 2010年 ネット: 2.0% (31/1550) 葉書: 16.7% (10/60) 2009年 ネット: 1.9% (46/2386) 葉書: 13.5% (14/104) 2008年 ネット: 2.7% (61/2260) 葉書: 8.9% (11/124) それより前は記録をとっていないのでわかりません。 なぜ記録をとっているかと…

続きを読む

試写会招待状「ジュリアン」

早くも今年2回目の当選。 1/17(木)なかのZEROでの開催。 この試写会には合わせて4件申し込んだが、どれが当たったかは不明。 ただ、過去の例からいうと、「Cinema Tribune」「allcinema」「anemo」は、試写状に それぞれのハンコが押してあるので、残りの1件、「Movie Walker」の可能性が高い。

続きを読む

試写会招待状「未来を乗り換えた男」

ドイツ・フランスの合作映画。 ナチス時代にドイツからフランス、メキシコへと亡命した小説家アンナ・セーガースの小説 「トランジット」を現代に置き換え、移民問題を絡ませて描く。 ドイツ文化センター内、ゲーテ・インスティトゥート東京での開催。 今悩んでいるのは、開催が2019/1/8なので、2019年にカウントするか、 当たったのは今なので、2018年にカウントするかってところ。 過去ログなどを調べた結果、応募時期、当選時期にかかわらず、 月別集計なども試写会実施時期に合わせてカウントしているので 2019年の第1号当選にカウントします。 一つ書き漏らしてました。 「びあ」からのご招待。 「ぴあ映画生活」には、試写会当選についてお約束事項があって、 鑑賞後、一週間以内に「映画生活」のサイトに感想文をアップする ことになっています。 自分のブログ(こことは別のサイト)には必ず感想をアップしているので、 「書き漏らす」ことはないのですが、「アップし忘れる」可能性はあります。 感想上がってないですよメールでご注意いただけるとありがたいのですが、 そんなのは自分でちゃんと覚えててやれってことですよね、はい。 **追記  フォローメールは来てました。 感想は 映画生活 「未来を乗り換えた男」 別ブログ 映画、試写会「未来を乗り換えた男」@ゲーテ・インスティトゥート東京(2019/1/8)

続きを読む

試写会招待状「私はマリア・カラス」

正直言ってマリア・カラスは名前しか知らなかった。 今焦ってその歌声を確認しているところです。 allcinemaさんからのプレゼント。 12/11の開催。 半年ぶり、今年7本目の当選です。 映画の感想は別ブログにて 映画、試写会「私は、マリア・カラス」@一ツ橋ホール

続きを読む

試写会招待状「ワンダー 君は太陽」

5/29の開催。 これは親の気持ちも子供の気持ちもわかるけど、 本当にこういう対応で良かったのかは迷うところ。 じゃあ、どうすればよかったのかと言われても よい回答は思いつかないけど。 もっとも映画でどう扱われているかはまだわからないので 判断は早計かもしれません。

続きを読む

試写会招待状「ボストン・ストロング」

5/7(月)一ツ橋ホールでの開催。 CinemaTribuneさんのプレゼント。 開催まで日がなく、速達で送っていただきました。 ありがとうございました。 ジェイク・ギレンホール主演。 2013年のボストンマラソンテロ事件で両足切断の重傷から生還し、 犯人特定に貢献したジェフ・パウマンの復活の物語。 原題は「STRONGER」 同じボストンマラソンテロ事件を扱った映画には、マーク・ウォルバーグ主演で 捜査当局側の視点から見た「パトリオット・デイ」がある。 パトリオット・デイ(愛国者の日)は、4月の第3月曜の祝日。 但し、「国」の祝日ではなく、マサチューセッツ、メイン、ウィスコンシンの各州の祝日。 アメリカには国の祝日は10日しかなく、それも州によっては祝日でなかったりするが、 逆に州の祝日が定められており、全国統一ではない。 パトリオット・デイ、愛国者の日はその他にも、ジョージ・ブッシュが制定したものがあり、9/11となっている。 もちろん、2001.9.11を追悼するもので、連邦政府の祝日で、慰霊祭などが行われる。

続きを読む

試写会招待状「ロンドン、人生はじめます」

原題は「Hampstead」 Pは発音せず、読みはハムステッド。 ロンドンの地区名。 ダイアン・キートン、ブレンダン・グリーソン。 ダイアン・キートンは有名だが、出演作はほとんど見てない。 ブレンダン・グリーソンは、いろいろ見ているがわかりやすいのは ハリポタのマッドアイ。 ドーナル・クーリーソンは息子。 4/17、虎ノ門のニッショーホールでの開催。

続きを読む

アサヒビール、瞬冷辛口

2本以上が当たる場合は、宅配などで送られてくることが多いんですが、 1本だけだと、メールで当選通知が来て、コンビニで交換です。 今回はローソン指定でした。 当選メールに商品引換券のアドレスが書かれており、 そこにアクセスすると、商品引換券のQRコードにたどり着きます。 それをスマホにコピー、または印刷して店舗に、今回の場合はローソンですが、 そこの端末にかざしてその店舗用の無料引換券を出力させる方法です。 一度引換券を出してしまうと、メールで送られてきたコードは無効になって もう使えません。

続きを読む

試写会招待メール、スニーク・プレビュー

松竹からのご招待。 何の映画かわからない、覆面試写会/スニーク・プレビューです。 6/20昼の回の開催。 昼の回と夜の回のある試写会で、昼のほうが競争率が低いとみて応募しました。 当選通知はメールで、このメールの最後のほうに内容について口外しない旨の サインを求められています。 スニーク・プレビューは一定の期間(あるいは無制限で)映画の内容について 公開しないことを求められることが多いのですが、今回もそうなっています。 したがって、開催元とのお約束で公開までは映画の内容はもちろん、 タイトルや出演者に至るまで一切書くことができません。 中身を忘れてしまうんじゃないかと心配です。 なお、たまに試写会があったことすら言及しないでくれ、というものがあり、 その場合はこの当選メールも公開できないわけですが、 今回は試写会があったことまで非公開にしろ、とは言っておられないので 大丈夫でしょう。 もっともタイトルも公開時期も伏せてますから、試写会があったことがわかっても 何の情報にもなりませんが。

続きを読む

アサヒ もぎたて

抽選で当たりました。 最近は「1本」だけ当たるものがあります。 2本以上は箱に入れて宅配されることが通常ですが、 1本だけをわざわざ宅配するのは、費用的に無駄なのでしょうか。 メールで当選通知が来て、指定されたURLにアクセスすると 商品と交換できるクーポンがダウンロードできる、なんて仕組み。 今回は、指定のURLにはQRコードが書かれていて、 それでアクセスすると、商品と交換できるバーコードが スマホ(または携帯)にダウンロードできる、というもの。 以前にも同じようなプレゼントに当たったことがあるのですが、 それはスマホだけだったのでガラケー愛用者の私には使えず。 今回もスマホなのか、と思ってスルーしていたら、 期限である4/18までに何度もメールをいただきました。 そこでアクセスしてみたら、PCではだめだけど、ガラケーでもいい、 とあったので、ガラケーでアクセスし、バーコードを表示させて 無事に商品と交換できました。 あらかじめ応募時に、どのコンビニで交換するかを指定します。 うちの近くには徒歩圏内に、ファミマ、ローソン、セブンイレブン、 ミニストップなど主要なコンビニが複数店舗ありますので、 交換には事欠きません。 今回はセブンイレブンでの交換(アサヒビールからの指定)です。

続きを読む

キリン、零一とのどごしSpecialTime

キリンから何か送られてきた。 中身はノンアルの零一(ゼロイチ)と分類上はいわゆる新ジャンルののどごしスペシャルタイム ありがとう、キリンビール殿。

続きを読む

サッポロ+ に当選

宅配で小さい箱が届きました。 中身は「サッポロ+」が2本。 ノンアルコール・ビール。 いつ応募したかなぁ。 ともかくありがとう、サッポロビール。

続きを読む

試写会招待状「愚行録」

上げるの忘れてました。 もう終わってしまいましたが、2月7日に実施された 「愚行録」の試写会の招待状。 出すのが遅かったようで、速達で来ました。 都内からの投函なら1日と違わないんですが、 これは速達、これは普通、と仕分ける手間暇人件費と 速達料金を天秤にかけて、全部速達、とやったんでしょうか。

続きを読む

アンケート謝礼

アンケートの謝礼ですが、全員がもらえるわけではありません。 抽選で100名くらいだったかな。

続きを読む

キリン 一番搾りプレミアム

キリンから送られてきた何か。 そう言えば「プレミアムビール」か何かのプレゼントに応募したっけ。 立派な箱に入っています。 ビンでした、小さいけど。330mlです

続きを読む

アンケート謝礼

日経リサーチのアンケート謝礼です。 全員がもらえるわけではなく、一応抽選と言うことでしたので、 懸賞に分類しました。

続きを読む

試写会当選ハガキ「グオさんの仮装大賞」

5件応募して当ったので、どこから頂いたものかわかりません。 12/16開催、北とぴあでの開催。 「きたとぴあ」ではなく「ほくとぴあ」と読むらしい。 この会場は行ったことがないので楽しみ。 Wikiによれば、さくらホール(1300席)とつつじホール(402席)がある。 今回はつつじホール。 (他に飛鳥ホール511平米) 北区のHPによれば、そのほかにカナリア、スカイ、ペガサスのホールもあるようだ。 さくらとつつじ以外は板張り1フロアの広間のような部屋で固定の椅子席なし。

続きを読む