映画の感想「天気の子」2019年興収日本一

このブログでは見たい映画や見た映画のタイトルについて言及してきたが、 最近は映画館では全く見れていないので、過去作の感想について少し書いてみたい。 先日は買い置きのBlu-Rayで鑑賞した「シャザム!」と「スパイ」について書いた。 映画館で見た映画も少し触れていきたいと思っている。 ** 「天気の子」 2019年興収日本一になった作品。 2016年公開で監督作6作目の「君の名は」が興収250億円の思いもよらぬ大ヒットとなり、 次回作が注目された新海誠監督の7作目。 期待に違わず、140億円の大ヒットとなった。 * 醍醐虎汰朗、森七奈、小栗旬、本田翼、倍賞千恵子、神木隆之介、上白石萌音、平泉成。 * 冒頭は、長雨の中、病院で母を見守る少女。 窓の外に一筋の光が見え、少女は光を求めて差し込む先を目指す。 その先にあったのは廃ビルの屋上の神社。 少女が強く願いつつ、鳥居をくぐると少女の体は宙に浮き、大空高く舞い上がった。 * 高校生1年生の森嶋帆高(声:醍醐虎汰朗)は、家出してフェリーで東京に向かっていた。 帆高は突然の豪雨で落水しそうになり、須賀圭介(声:小栗旬)に助けられる。 帆高は東京でバイトを探し始めるが、身分証もない高校生には全く見つからず。 手持ちの金も少なくなってきたとき、偶然ひっくり返したごみ箱から上鼓に入った拳銃を拾う。 金が尽きた帆高はフェリーで助けてくれた須賀の事務所K&Aを訪ねる。 …

続きを読む