映画感想(BD鑑賞)「シャザム!」

「シャザム!」 SHAZAM!  見たかったが、劇場公開時には見逃した。 BDの価格もこなれてきたので、購入しての鑑賞。 なお、BDプレイヤーではなく、PS3での再生。 * ザッカリー・リーバイ、アッシャー・エンジェル、ジャック・グレイザー、マーク・ストロング。 * 1970年代。クリスマスの日に父の運転する車で兄とともに移動するサデウス少年。 占いボールに興じていて父に叱責される。 ボールに謎の模様が現れ車内は空になり、洞窟へと運ばれる。 そこには杖を持ったマントの老人(ジャイモン・フンスー)が近寄ってきてテストをするというが、 光る珠を触ろうとして資格がないと言われてしまう。 元の世界で不思議な体験を語る父に叱責され、挙句事故を起こして父は重傷となる。 占いボールには「FIND US」の文字が現れる。 * 10年ほど前。 お祭りで当て物のダーツをする若い母と幼い息子。 息子は母が当てた小さいコンパスを落とし、迷子になってしまう。 * そして現代。 その迷子だったビリー・パットソン少年(アッシャー・エンジェル)は、警官をだまして パトカーでパットソンの名前を探し、母かもしれないレイチェル・パットソンを訪ねたが人違い。 結局パトカーに保護される。 ビリーは里親から見放され、新しい里親のビクター、ローザのバスケス夫妻のもとに行くよう指示される。 バスケス夫妻は自身も里子の経験を持ち、何人もの子供を引き取っていた。…

続きを読む